当院は一日お一人しか診ることが出来ません。必ず御予約ください。
保険との違いイメージ

『自費と保険の総入れ歯の違い』

・製作過程の違い

保険の総入れ歯 23工程  自費入れ歯 52工程

・総入れ歯の構造

お一人お一人に合わせた形状を作ります。

『自費と保険の総入れ歯の違い』

製作過程の違い

自費での総入れ歯は、より高い精度、それによる、よりよい装着感を求めるために、多くの手間をかけて制作されています。

保険の総入れ歯 23工程

自費の総入れ歯 52工程

それぞれの過程で使用される材料や道具も自費専用の精度の高いものが使用されています。

総入れ歯の構造

自費負担の総入れ歯

保険『人工歯』:天然の歯の代わりになるもの。
患者様それぞれに最も合うように、様々な色、形からお選び頂けます。

『歯肉部』:歯茎の代わりになる部分。
汚れがつきにくく、装着感もいい形状になっています。ご要望にあわせた形状を作ることも可能です。
義歯床:口の中の粘膜に密着している部分。
頬の張り、上唇の縦じわ、前突(出歯)の修正、入れ歯が落ちないように固定、
入れ歯で噛んだ力を粘膜に伝えたりします。

保険適用の総入れ歯

『人工歯』:種類が限られている為、場合によっては歯の色や形・大きさのバランスが悪くなることがあります。

『歯肉部』:汚れが付きにくく、装着感がよい形状になっていますが、基本的な形状だけで、制限があります。

入れ歯にしないといけないけど、治療に1~2週間もかけられない方
当院は痛くなく、何年も使える質の高い総入れ歯を1日で作ることのできる入れ歯の専門医院です。
あなたの歯のお悩みをたった一日で解決します。まずは総入れ歯の無料相談へお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ 03-3556-8228

メールでのお問い合わせはこちら

※完全予約制、治療は1日お一人様のみとしております。